JavaScript/オブジェクト指向
2019年08月22日
連想配列でクラスを代用するには以下の方法がある。
┌──────────────────────────────────────┐
│const オブジェクト = {                                                      │
│    メンバ変数  :値,                                                        │
│    メソッド    :function(引数) {                                           │
│                     return 引数 * this.メンバ変数;                         │
│                 },                                                         │
│    メソッド    :引数 => {                                                  │
│                     return 引数 * this.メンバ変数;                         │
│                 },                                                         │
│    メソッド(引数) {                                                        │
│        return 引数 * this.メンバ変数;                                      │
│    }                                                                       │
│};                                                                          │
└──────────────────────────────────────┘
ES2015からはクラスが導入された。
┌──────────────────────────────────────┐
│class クラス {                                                              │
│////メンバ変数 = 値;  ←これはNG                                            │
│    constructor(引数) {                                                     │
│        this.メンバ変数 = 引数;                                             │
│    }                                                                       │
│    メソッド() {                                                            │
│        return this.メンバ変数;                                             │
│    }                                                                       │
│}                                                                           │
├──────────────────────────────────────┤
│const インスタンス = new クラス(引数);                                      │
│インスタンス.メソッド();                                                    │
├──────────────────────────────────────┤
│class 継承クラス extends クラス {                                           │
│    constructor(引数) {                                                     │
│        super();                                                            │
│    }                                                                       │
│}                                                                           │
└──────────────────────────────────────┘
分類:JavaScript
ExcelVBA/コンボボックスでユーザフォーム起動
2019年08月20日
┌──────────────────────────────────────┐
│Private Sub ComboBox_Change()                                               │
│    UserForm.Show                                                           │
│End Sub                                                                     │
└──────────────────────────────────────┘
コンボボックスの選択(変更)とともにユーザフォームを起動しようとした場合
コンボボックスが開いたままとなり、さらに選択(変更)できてしまい
エラーを誘発してしまう。

コンボボックスの選択が確定した後にユーザフォームを起動すればよいのだが
それに適うイベントというのが見当たらない

仕方がないので、代案。
敢えてフォーカスを外して閉じてからユーザフォームを起動すればよい。
┌──────────────────────────────────────┐
│Private Sub ComboBox_Change()                                               │
│    Me.Cells(1, 1).Activate     'メニューを閉じるため別にフォーカスをあてる │
│    Me.ComboBox.Activate        '  戻す                                     │
│    UserForm.Show                                                           │
│End Sub                                                                     │
└──────────────────────────────────────┘
分類:ExcelVBA
MSSQL/文字列比較の末尾スペース
2019年08月11日
MSSQLでは文字列比較時に末尾のスペースを無視するのだ。
つまり可変長を固定長と比較しても、中身が同じだったら真になるのである。

ちなみに以下で確認すると「真」になる。
┌──────────────────────────────────────┐
│SELECT CASE                                                                 │
│         WHEN 'a' = 'a ' THEN '真'                                          │
│         ELSE                 '偽'                                          │
│       END AS [テスト];                                                     │
└──────────────────────────────────────┘
分類:MSSQL
ExcelVBA/DB読込時の進捗表示
2019年08月10日
以下のような感じ。
┌──────────────────────────────────────┐
│Dim データベース As New ADODB.Connection                                    │
│Dim テーブル As New ADODB.Recordset                                         │
├──────────────────────────────────────┤
│With データベース                                                           │
│    .ConnectionString = 接続情報                                            │
│    .CursorLocation = adOpenStatic  ' .RecordCountのために静的カーソルを選択│
│    .Open                                                                   │
│End With                                                                    │
├──────────────────────────────────────┤
│Do Until テーブル.EOF                                                       │
│    DoEvents                                                                │
│    Application.StatusBar = "進捗率=" & テーブル.AbsolutePosition _        │
│                                 & "/" & テーブル.RecordCount               │
│Loop                                                                        │
│Application.StatusBar = False                                               │
└──────────────────────────────────────┘
DBオープン時に静的カーソル(adOpenStatic)を選択しないと、
レコード総数(.RecordCount)が取得できないので注意。
現在の位置(.AbsolutePosition)と対比させれば進捗率が出せる。
(上記例は数式を表示しているだけ)
分類:ExcelVBA
ExcelVBA/キーブレイクの例
2019年08月09日
こんな感じ。
┌──────────────────────────────────────┐
│Dim y As Long                                                               │
│Dim oldキー1 As String, newキー1 As String                                  │
│Dim oldキー2 As String, newキー2 As String                                  │
│Dim 総計 As Long, 中計 As Long, 中計 As Long                                │
├──────────────────────────────────────┤
│y = 1                                                                       │
│総計 = 0                                                                    │
│Do Until テーブル.EOF                                                       │
│    '-----------------------------------------------------------------------│
│    中計 = 0                                                                │
│    '- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -│
│    oldキー1 = テーブル.Fields("キー1").Value                               │
│    Do                                                                      │
│        '-------------------------------------------------------------------│
│        小計 = 0                                                            │
│        '- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -│
│        oldキー2 = テーブル.Fields("キー2").Value                           │
│        Do                                                                  │
│            小計 = 小計 + テーブル.Fields("値").Value                       │
│            中計 = 中計 + テーブル.Fields("値").Value                       │
│            総計 = 総計 + テーブル.Fields("値").Value                       │
│            テーブル.MoveNext                                               │
│            If Not テーブル.EOF Then                                        │
│                newキー1 = テーブル.Fields("キー1").Value                   │
│                newキー2 = テーブル.Fields("キー2").Value                   │
│            End If                                                          │
│        Loop Until テーブル.EOF _                                           │
│                Or newキー1 <> oldキー1 _                                   │
│                Or newキー2 <> oldキー2                                     │
│        '- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -│
│        シート.Cells(y, 1).Value = 小計                                     │
│        y = y + 1                                                           │
│        '-------------------------------------------------------------------│
│    Loop Until テーブル.EOF _                                               │
│            Or newキー1 <> oldキー1                                         │
│    '- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -│
│    シート.Cells(y, 1).Value = 中計                                         │
│    y = y + 1                                                               │
│    '-----------------------------------------------------------------------│
│Loop                                                                        │
│シート.Cells(y, 1).Value = 総計                                             │
└──────────────────────────────────────┘
VBAの場合「OrElse」がないので、EOFとなった時に
直接「テーブル.Fields("キー1").Value」などをキーブレイク条件に記載すると
「テーブル.EOF(= True)」を飛び越えて参照しにいってしまうためエラーとなる。
この点に注意だ。 
分類:ExcelVBA
ExcelVBA/テキストボックスの自動伸縮
2019年07月30日
テキストボックスのサイズを自動で可変にする設定は以下の通り。
┌──────────────────────────────────────┐
│With シート.TextBox                                                         │
│    .AutoSize = True                                                        │
│    .MultiLine = True                                                       │
│    .WordWrap = False                                                       │
│End With                                                                    │
└──────────────────────────────────────┘
但し、一旦にアクティブにしないと再計算されないようなので
以下のようにアクティブにしてあげる。
┌──────────────────────────────────────┐
│With シート.TextBox                                                         │
│    .Activate                                                               │
│    .SelStart = 0                                                           │
│End With                                                                    │
│シート.Cells(1, 1).Activate                                                 │
└──────────────────────────────────────┘

なお、固定に戻すのは以下のような感じ。(.Heightと.Widthの値は任意)
┌──────────────────────────────────────┐
│With シート.TextBox                                                         │
│    .AutoSize = False                                                       │
│    .MultiLine = True                                                       │
│    .WordWrap = True                                                        │
│    .Height = 100                                                           │
│    .Width = 100                                                            │
│End With                                                                    │
└──────────────────────────────────────┘
分類:ExcelVBA
PHP/APIクライアントテスト用サーバ
2019年07月02日
クライアント側からPOSTした内容をそのまま返すサーバ。
┌──────────────────────────────────────┐
│echo print_r(json_decode(file_get_contents('php://input'), TRUE), TRUE);    │
└──────────────────────────────────────┘
分類:PHP
Oracle/掛け算(総積)
2019年06月26日
各行の値を足し算する(総和)のは以下の通り、基本中の基本だ。
┌──────────────────────────────────────┐
│SELECT SUM("数")                                                            │
│    FROM "表";                                                              │
└──────────────────────────────────────┘

じゃ、掛け算にできるか?(総積)
┌──────────────────────────────────────┐
│SELECT ROUND(EXP(SUM(LN("数"))))                                            │
│    FROM "表";                                                              │
└──────────────────────────────────────┘
こんな感じでてきてしまうのである。

自前の表を使って確認してみると確かに「2×3=6」という結果になる
┌──────────────────────────────────────┐
│WITH "表" AS (                                                              │
│         SELECT *                                                           │
│             FROM (                                                         │
│                           SELECT 2 AS "数" FROM DUAL                       │
│                 UNION ALL SELECT 3 AS "数" FROM DUAL                       │
│             )                                                              │
│     )                                                                      │
│SELECT ROUND(EXP(SUM(LN("数"))))                                            │
│    FROM "表";                                                              │
└──────────────────────────────────────┘

やっていることは以下の通り
(1) 「LN()」で一旦、自然対数(log)に変換する
(2) 「SUM()」でそれらを足し算する(総和を求める)
(3) その結果を「EXP()」で元に戻す
(4) 計算の過程で端数(ほんの小さい誤差)が出るので「ROUND()」で四捨五入し調整
分類:Oracle
MSSQL/プログラムを実行する
2019年05月30日
┬──────────────────────────────────────┬
│「xp_cmdshell」を実行できるようにする                                       │
┴──────────────────────────────────────┴
  ┌────────────────────────────────────┐
  │EXEC xp_cmdshell …                                                     │
  └────────────────────────────────────┘
  上記のような「EXEC xp_cmdshell」文を実行した場合に以下のエラーが出る
  ┌────────────────────────────────────┐
  │メッセージ 15281、レベル 16、状態 1、プロシージャ xp_cmdshell、行 1     │
  │SQL Server によって、コンポーネント 'xp_cmdshell' の                    │
  │プロシージャ 'sys.xp_cmdshell' に対するアクセスがブロックされました。   │
  │このサーバーのセキュリティ構成で、                                      │
  │このコンポーネントが OFF に設定されているためです。                     │
  │システム管理者は sp_configure を使用して、                              │
  │'xp_cmdshell' の使用を有効にできます。                                  │
  │'xp_cmdshell' を有効にする手順の詳細については、                        │
  │SQL Server オンライン ブックで、'xp_cmdshell' を検索してください。      │
  └────────────────────────────────────┘
  これは既定では実行制限がかかっているからである
┌[注意]───────────────────────────────────┐
│既定で実行制限がかかっているというのは                                      │
│これから先の設定変更を行うとMSSQLからプログラム実行ができるため             │
│ある意味、如何様な悪さでもし放題ということになる                            │
│よって、SQLインジェクション対策には十分注意された上で臨んでいただきたい     │
└──────────────────────────────────────┘
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
  そこでその設定変更(緩和)方法
  以下二組のコマンドを続けて実行する
  ┌────────────────────────────────────┐
  │EXEC sp_configure 'show advanced options', 1;                           │
  │RECONFIGURE;                                                            │
  │┌────────────────────────────────────┐
  ││構成オプション 'show advanced options' が 0 から 1 に変更されました。   │
  ││RECONFIGURE ステートメントを実行してインストールしてください。          │
  │└────────────────────────────────────┘
  ├────────────────────────────────────┤
  │EXEC sp_configure 'xp_cmdshell', 1;                                     │
  │RECONFIGURE;                                                            │
  │┌────────────────────────────────────┐
  ││構成オプション 'xp_cmdshell' が 0 から 1 に変更されました。             │
  ││RECONFIGURE ステートメントを実行してインストールしてください。          │
  │└────────────────────────────────────┘
  └────────────────────────────────────┘
  なお、二つ目だけをいきなり実行すると以下のエラーとなるので注意
  ┌────────────────────────────────────┐
  │メッセージ 15123、レベル 16、状態 1、プロシージャ sp_configure、行 62   │
  │構成オプション 'xp_cmdshell' が存在しないか、                           │
  │詳細構成オプションの可能性があります。                                  │
  └────────────────────────────────────┘
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
  なお、別案として、以下でも同等なことができる
  ┌────────────────────────────────────┐
  │「Microsoft SQL Server Management Studio」におけるツリー上のサーバの    │
  │右クリックメニュー「ファセット」を選択                                  │
  │┌─────────────────────┐                          │
  ││ファセットの表示                          │                          │
  │├──┬──────────────────┤                          │
  ││全般│          ┌───────────┐│                          │
  ││    │ファセット│サーバーセキュリティー││                          │
  ││    │          └───────────┘│                          │
  ││    │┌───────────┬────┐│                          │
  ││    ││XPCmdShellEnabled     │False   ││→「True」にする          │
  ││    │└───────────┴────┘│                          │
  └────────────────────────────────────┘
  GUIで「XPCmdShellEnabled」を「True」に設定すればよい
┬──────────────────────────────────────┬
│「xp_cmdshell」の実行                                                       │
┴──────────────────────────────────────┴
  通常のコマンドを「EXEC xp_cmdshell」の後に文字列と記述すれば実行すればよい
  例えば以下のような感じ
  ┌────────────────────────────────────┐
  │EXEC xp_cmdshell 'dir'                                                  │
  └────────────────────────────────────┘
  処理結果として、結果が行ごとのレコードとして返却される
  また、以下のように標準出力を変えてあげることもできる(通常のコマンドと同様)
  ┌────────────────────────────────────┐
  │EXEC xp_cmdshell 'dir > D:\work\test.txt'                               │
  └────────────────────────────────────┘
 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
  なお、正常終了(0)か否かの戻り値が返るので、これを捕捉することもできる
  ┌────────────────────────────────────┐
  │DECLARE @ret int;                                                       │
  │EXEC @ret = xp_cmdshell 'dir'                                           │
  │SELECT @ret;                                                            │
  └────────────────────────────────────┘
────────────────────────────────────────
分類:MSSQL
MSSQL/UPDATE文でRANK()を使う
2019年05月22日
[群]ごとの連番を[枝番]として振りたい場合に、
UPDATE文に直接RANK()を使うとエラーとなる。
┌──────────────────────────────────────┐
│UPDATE [表]                                                                 │
│    SET [枝番] = (RANK() OVER(PARTITION BY [群]                             │
│                              ORDER BY [連番] ASC));                        │
├──────────────────────────────────────┤
│ウィンドウ関数は、SELECT 句または ORDER BY 句だけで使用できます。           │
└──────────────────────────────────────┘

これを克服する方法。
┌──────────────────────────────────────┐
│UPDATE [表]                                                                 │
│    SET [枝番] = [入力D].[枝番]                                            │
│    FROM [表] AS [出力D]                                                   │
│        INNER JOIN (                                                        │
│            SELECT [群],                                                    │
│                   [連番],                                                  │
│                   RANK() OVER(PARTITION BY [群]                            │
│                               ORDER BY [連番] ASC) AS [枝番]               │
│                FROM [表]                                                   │
│        ) AS [入力D]                                                       │
│          ON  [入力D].[群]   = [出力D].[群]                               │
│          AND [入力D].[連番] = [出力D].[連番];                            │
└──────────────────────────────────────┘
一旦副表上で[枝番]を生成しておく。
更新対象の[表]とこの副表は、主キーでJOINしないと
副表の先頭一行目(つまり意図しない入力データ)で更新されてしまうので注意。
分類:MSSQL
前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 … 145 次へ