ExcelVBA/EXE実行(2)WScript.Exec()
2019年10月05日
WSHを使ってのEXE実行の例。
┌──────────────────────────────────────┐
│Dim 標準出力 As String                                                      │
│Dim objWSH As Object                                                        │
│Set objWSH = CreateObject("WScript.Shell")                                  │
│Dim objEXEC As Object                                                       │
│Set objEXEC = objWSH.Exec("C:\TOOLS\TEST.exe")                              │
│With objEXEC                                                                │
│    Do While .Status = 0                                                    │
│        DoEvents                                                            │
│    Loop                                                                    │
│    標準出力 = .StdOut.ReadAll                                              │
│End With                                                                    │
│MsgBox 標準出力                                                             │
└──────────────────────────────────────┘
これだと標準出力などを取得できる。
分類:ExcelVBA
ExcelVBA/EXE実行(1)Shell()
2019年10月04日
Shell()を使ってのEXE実行の例。
┌──────────────────────────────────────┐
│Dim プロセスID As Long                                                      │
│プロセスID = Shell("C:\TOOLS\TEST.exe", 1)                                  │
│If プロセスID = 0 Then                                                      │
│    MsgBox "起動に失敗しました"                                             │
│    Exit Sub                                                                │
│End If                                                                      │
│MsgBox "実行完了"                                                           │
└──────────────────────────────────────┘
実行できるだけあまり多くを期待しない方がよさそうだ。(よくわからない)
分類:ExcelVBA
その実行ファイルは32bitか?64bitか?
2019年10月03日
その実行ファイルが32bit版なのか64bit版なのかを判別する簡単な方法

その実行ファイルをバイナリエディタで開くと、
冒頭の方(といってもちょっと後の方)に
「50 45 00 00」という値があるので、その後の値で判別できる
┌───┬─────────┐
│32bit │50 45 00 00 4C 01 │
├───┼─────────┤
│64bit │50 45 00 00 64 86 │
└───┴─────────┘
分類:Windows
MSSQL/DBを別名でリストアする方法
2019年10月01日
基本的に、通常のリストアを同じように進める。(データベースの復元を実行)

その中で、以下の二つを行う。

(1) 「全般」にて、「転送先」の「データベース」の名称を直接入力して変更する
┌──────────────────────────────────────┐
│データベースの復元                                                          │
├──────┬───────────────────────────────┤
│■全般      │ソース────────────────────────────│
│□ファイル  │  ○データベース                                              │
│□オブション│  ●デバイス                                                  │
│            │                ┌─────────────────────┐│
│            │    データベース│旧DB                                      ││
│            │                └─────────────────────┘│
│            │転送先────────────────────────────│
│            │                ┌─────────────────────┐│
│            │    データベース│新DB                                      │★
│            │                └─────────────────────┘│

(2) 「ファイル」にて、
    「すべてのファイルをフォルダーに移動する」にチェックを入れる
┌──────────────────────────────────────┐
│データベースの復元                                                          │
├──────┬───────────────────────────────┤
│□全般      │次のデータベースファイルに復元────────────────│
│■ファイル  │  ■すべてのファイルをフォルダーに移動する                    ★
│□オブション│                                ┌─────────────┐│
│            │    データファイルのフォルダー  │                          ││
│            │                                └─────────────┘│
│            │                                ┌─────────────┐│
│            │    ログファイルのフォルダー    │                          ││
│            │                                └─────────────┘│
│            │┌───────┬ファイルの┬───────┬───────┐│
│            ││論理ファイル名│      種類│元のファイル名│復元先        ││
│            │├───────┼─────┼───────┼───────┤│
│            ││旧DB          │行データ  │…旧DB.mdf    │…新DB.mdf    ││
│            │├───────┼─────┼───────┼───────┤│
│            ││旧DB_log      │ログ      │…旧DB_log.ldf│…新DB_log.ldf││
│            │└───────┴─────┴───────┴───────┘│
この時点では物理ファイル(復元先)は新DBになるが、論理ファイル名は旧DBのまま。

(3) リストアを実行後、以下SQL文を実行し論理ファイル名を変更する
┌──────────────────────────────────────┐
│ALTER DATABASE [新DB] MODIFY FILE (NAME = 旧DB, NEWNAME = 新DB);            │
│ALTER DATABASE [新DB] MODIFY FILE (NAME = 旧DB_log, NEWNAME = 新DB_log);    │
└──────────────────────────────────────┘

これで完璧。
分類:MSSQL
VBS/配列の末尾に追加して文字列結合
2019年09月28日
「System.Collections.ArrayList」オブジェクトで
Join()ができなさそうだったので、クラスを自前で作った。
┌──────────────────────────────────────┐
│'***************************************************************************│
│'  クラス:配列                                                             │
│'***************************************************************************│
│Class ClassArray                                                            │
│    Private mArray()                                                        │
│    Private mIsInit                                                         │
│    '=======================================================================│
│    '  コンストラクタ                                                       │
│    '=======================================================================│
│    Private Sub Class_Initialize                                            │
│        mIsInit = True                                                      │
│    End Sub                                                                 │
│    '=======================================================================│
│    '  デストラクタ                                                         │
│    '=======================================================================│
│    Private Sub Class_Terminate                                             │
│    End Sub                                                                 │
│    '=======================================================================│
│    '  メソッド:(末尾に)追加                                               │
│    '=======================================================================│
│    Public Sub add(theValue)                                                │
│        If mIsInit Then                                                     │
│            mIsInit = False                                                 │
│            ReDim mArray(0)                                                 │
│        Else                                                                │
│            ReDim Preserve mArray(UBound(mArray) + 1)                       │
│        End If                                                              │
│        mArray(UBound(mArray)) = theValue                                   │
│    End Sub                                                                 │
│    '=======================================================================│
│    '  メソッド:(結合し)文字列を取得                                       │
│    '=======================================================================│
│    Public Function getString(theDelimiter)                                 │
│        getString = Join(mArray, theDelimiter)                              │
│    End Function                                                            │
│    '=======================================================================│
│End Class                                                                   │
│'***************************************************************************│
├──────────────────────────────────────┤
│Dim theArray                                                                │
│Set theArray = New ClassArray                                               │
│theArray.add("あいうえお")                                                  │
│theArray.add("かきくけこ")                                                  │
│theArray.add("さしすせそ")                                                  │
│MsgBox theArray.getString("、")                                             │
└──────────────────────────────────────┘
分類:WSH・VBS
MSSQL/文字列比較の末尾スペース(2)
2019年09月27日
┌──────────────────────────────────────┐
│SELECT LEN('a ');                                                   →1(≠2)│
└──────────────────────────────────────┘
文字数としても末尾は除去されるのでお手上げな気がする

でも、末尾の空白は置換には反応するという特性がある。
┌──────────────────────────────────────┐
│REPLACE('a ',' ','_')                                               →「a_」│
└──────────────────────────────────────┘

この特性を活かせば、末尾に空白があるか否かを識別できる。
┌──────────────────────────────────────┐
│SELECT 列                                                                   │
│    FROM 表                                                                 │
│    WHERE LEN(REPLACE(列,' ','_')) <> LEN(列);                              │
└──────────────────────────────────────┘
上記では、末尾に空白があるもののみ抽出されるはずだ。
分類:MSSQL
ExcelVBA/コメントのマクロ制御
2019年09月13日
こんな感じ。
┌──────────────────────────────────────┐
│With ActiveCell                                                             │
│    If TypeName(.Comment) = "Nothing" Then                    ' 存在チェック│
│        .AddComment "コメント" & vbLf & "します"              ' 追加        │
│    Else                                                                    │
│        MsgBox .Comment.Text                                  ' 取得        │
│        .ClearComments                                        ' 削除        │
│    End If                                                                  │
│End With                                                                    │
└──────────────────────────────────────┘
分類:ExcelVBA
ExcelVBA/ActiveXコントロールのCaption
2019年09月12日
シート内のActiveXコントロールをループする処理は以下の通り。
┌──────────────────────────────────────┐
│Dim 図形 As Object                                                          │
│With ActiveSheet                                                            │
│    For Each 図形 In .Shapes                                                │
│        If 図形.Type = msoOLEControlObject Then                             │
│            Debug.Print 図形.Name                                           │
│        End If                                                              │
│    Next 図形                                                               │
│End With                                                                    │
└──────────────────────────────────────┘

じゃということで、ラベルのキャプションを取得しようとしたらエラーとなる。
┌──────────────────────────────────────┐
│Dim 図形 As Object                                                          │
│With ActiveSheet                                                            │
│    For Each 図形 In .Shapes                                                │
│        If 図形.Type = msoOLEControlObject Then                             │
│            Debug.Print 図形.Caption                                        │
│        End If                                                              │
│    Next 図形                                                               │
│End With                                                                    │
└──────────────────────────────────────┘

以下だとOKのようだ。
┌──────────────────────────────────────┐
│Dim 図形 As Object                                                          │
│With ActiveSheet                                                            │
│    For Each 図形 In .Shapes                                                │
│        If 図形.Type = msoOLEControlObject Then                             │
│            Debug.Print 図形.OLEFormat.Object.Object.Caption                │
│        End If                                                              │
│    Next 図形                                                               │
│End With                                                                    │
└──────────────────────────────────────┘
分類:ExcelVBA
ExcelVBA/ActiveXが存在するか?
2019年09月11日
例えば、特定のラベルの値(キャプション)を取得する場合に
そのラベルが存在しない場合にはエラーとなる。

これを回避するには事前に存在チェックする必要がある。

しかし、その存在チェックは簡単にはできない。

以下のようにActiveXコントロールを検索し
該当する名称のものがあるかいないかで判断する形となる。
┌──────────────────────────────────────┐
│Dim 図形 As Shape                                                           │
│With シート                                                                 │
│    For Each 図形 In .Shapes                                                │
│        If 図形.Type = msoOLEControlObject Then                             │
│            MsgBox 図形.Name                                                │
│        End If                                                              │
│    Next 図形                                                               │
│End With                                                                    │
└──────────────────────────────────────┘
自前のサブ関数を作るのがよいだろう。
分類:ExcelVBA
ExcelVBA/引数を配列にする方法
2019年09月10日
┌──────────────────────────────────────┐
│Call 関数(Array("a", "b", "c"))                                             │
├──────────────────────────────────────┤
│Public Sub 関数(ByVal 引数 As Variant)                                      │
│    Dim 値 As Variant                                                       │
│    For Each 値 In 引数                                                     │
│        MsgBox 値                                                           │
│    Next 値                                                                 │
│End Sub                                                                     │
└──────────────────────────────────────┘
基本的に配列で渡してVariant型で受ければよい。

ParamArrayオプションを付けると引数自体を配列(可変)にすることもできる。
┌──────────────────────────────────────┐
│Call 関数("a", "b", "c")                                                    │
├──────────────────────────────────────┤
│Public Sub 関数(ParamArray 引数() As Variant)                               │
│    Dim 値 As Variant                                                       │
│    For Each 値 In 引数                                                     │
│        MsgBox 値                                                           │
│    Next 値                                                                 │
│End Sub                                                                     │
└──────────────────────────────────────┘
分類:ExcelVBA
前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 … 146 次へ